虫歯、歯周病治療

虫歯は誰もが大嫌い

歯の痛みは辛いもの。虫歯の好きな人はいません。我慢できないほど痛くなってから歯医者に行くと、治療も痛みも増してしまいます。

水がしみるくらいでも来院を

このくらい…と思っている程度でご来院いただければ、治療も簡単に終わります。患者様の苦痛も少なくすみます。

虫歯治療にも保険診療と自由診療があります

被せ物や詰め物の材質等により、保険診療と自由診療がお選びいただけます。保険診療は機能重視で低コストが特徴。一方、自由診療の費用はかさみますがより目立たない材質、長持ちする材質等が選べるのが特徴です。患者様のご希望をおうかがいして、よりよい手法をご提案いたします。

保険診療で物足りなさを感じたら…

噛む機能重視の保険診療では、必ずしも患者様のご希望に沿った治療結果が得られるわけではありません。以前に受けた保険診療の治療に物足りなさを感じていたら、一度ご相談ください。自由診療でも比較的安価にできるものもあります。

むし歯治療

歯がズキズキ痛くなる、歯ぐきが腫れているなど、むし歯は誰でもいやですよね?むし歯はどのようにして痛くなるのでしょうか?むし歯は、口の中にいる細菌が酸を出し、その酸によって歯がどんどんと溶かされる病気です。むし歯の治療は、むし歯菌に感染した部分を削り、歯に金属のかぶせものをします。最悪の場合、歯を抜くことになるかもしれません。

もしかしたら、虫歯より怖い歯周病…?

歯周病はもはや日本人の国民病

日本人の80%以上が罹患しているといわれる歯周病、歯を失う原因の1位にもなっています。自覚症状が少ないため、気づいた時には手遅れという事態もよく見られます。

一生懸命歯磨きしても、歯周病にかかったら台無しです

歯そのものの健康と、歯茎を中心とする歯周の健康が守られてこそ「健康なお口」です。虫歯予防も歯周病予防もまずは歯磨きから。当院では、正しい歯磨きの指導も行っています。

特に糖尿病をお持ちの患者様は歯周病にご注意を

歯周病の主な原因は歯のプラークの蓄積です。丁寧な歯磨きが大事なのはこのためです。糖尿病をお持ちの患者様は、歯周病関連の細菌に感染しやすくなり、炎症により歯周病が重症化しやすくなります。

喫煙習慣は歯周病にもマイナス

「タバコが健康に良くない」ことはよく知られています。特に、内科疾患を抱えている方はすでに禁煙をしていらっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。でも、ご存知ですか? タバコは歯周病にも大敵なのです。

タバコが歯周病によくない理由

タバコに含まれる化学物質が、歯肉からの出血を抑えたり歯肉を硬くすることがあります→歯周病に気づきにくい
喫煙者は歯周病が治りにくいというデータがあります→歯周病が治りにくい

歯周病をより厄介にするのが喫煙習慣

タバコを吸っていると、歯周病に気づきにくく、歯周病が治りにくいことがわかっています。ぜひ悪習慣を断ち切る勇気を!

歯周病治療

歯を磨いたときに血が出たことありますか?もしそうならあなたは歯周病かもしれませんよ?
歯周病は、日本人の80パーセントがかかっている病気で、日本人が歯を失う一番の原因なのです。
歯周病は自覚症状が少なく、気がついたときには手遅れになっている場合が多いです。最悪の場合、歯を失ってしまうことになるかもしれませんので、日ごろからの歯への関心度をあげていくことが重要になってきます。

しっかり食事ができないと内臓にも悪影響

歯が痛い、歯ぐきがグラグラする等の理由で「食べる」行為に制限があると、食事を心底楽しめません。また、栄養も偏るので健康的にもよくありません。

健康な身体は健康なお口から

虫歯のない、健康なお口でバランスよく食べてこそ、健康な身体が維持できます。貴方の食べる楽しみをいつまでも。