小児歯科

生え変わる乳歯だからと気を抜かないで

「どうせ永久歯じゃないから……」、と幼児の虫歯を軽く見ないでください。乳歯の虫歯治療の状態によっては、その後の永久歯に影響を与える場合もあります。

お子様のお口の健康はご家族の責任です!

当院歯科医師はキッズの親世代、ママの気持ちで診療に当たります。

虫歯が進行してからの治療をお子様が怖がるのは当たり前。歯科診療に恐怖心を与えないようにするのも親の役目です。痛くなる前の診療なら「怖くない、痛くない」。

お子様には消しゴムをお土産に

虫歯を「消す」につながる消しゴム。当院のそんな願いが伝わればと、頑張って治療したお子様には消しゴムをお土産に渡しています。

お子様にも歯の検診はとても大事

お子様の虫歯は意外に早く進行します。痛くなる前に虫歯を見つけられたら、治療も早く終わります。

ママと一緒に定期検診

当院では、ママと一緒にお子様の定期検診をおススメしています。ママと一緒ならちょっと怖い歯医者さんも頑張れるかな?

むし歯の天敵<フッ素塗布>

フッ素は歯に染み込む事で歯の再石灰化を促進し、酸に強い歯を作り上げます。また、むし歯菌が作る酸を抑制する働きがあるので、むし歯予防にとても有効な治療方法です。比較的簡単に塗りつける事ができ、誰にでも気軽に治療を受けていただけるのでおすすめしています。

※フッ素塗布は予防です。フッ素を塗ったからといって普段のお手入れをさぼっていると、むし歯になってしまうので歯磨きは忘れずに行ってください

フッ素塗布の流れ

シーラント

シーラントは虫歯になりやすい小児期に、歯の溝を歯科用のプラスチックで埋めてしまい、虫歯にならないようにするための治療です。特に歯磨きのしにくい奥歯の噛みあう面に行うと効果的です。
シーラントの方法は、まず、シーラントを行う歯をきれいにし、そこに歯科用のプラスチックを流し込むだけで終わります。このプラスチックは成長と一緒に削れてしまうのでいつまでも歯に残っていることはありません。
シーラントにご興味のある方はお気軽にお尋ねください。